第30回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム
論文・報告の原稿提出方法について

 本学会では,第30回プレストレストコンクリートの発展に関するシンポジウム(以下シンポ
ジウムという)を下記要領にて開催いたします。本シンポジウムは学術・技術に関する価値
ある情報をシンポジウム講演者・参加者が学び,そして共有することにより,プレストレスト
コンクリート技術の更なる発展を図ることを目的としております。皆様方からの多くの投稿を
期待しております。

 第29回のシンポジウムは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため現地参集型でなく、
オンライン大会(オンデマンド形式)で開催し、皆様のご協力により論文集も例年通り作成する
ことができました。第30回シンポジウムも新型コロナウイルスの状況により開催方法などを
変更する場合がございます。随時ホームページなどで公表いたしますのでご留意ください。



【シンポジウム実施要領】
1. 開 催 日 令和3年10月21日(木)・22日(金)
2. 開催場所 函館アリーナ
〒042-0932 函館市湯川町1-32-2
http://www.zaidan-hakodate.com/arena/access.html
3. 講  演 特別講演および応募講演

4. 講演の申込方法:
 令和3年2月1日(月)〜3月23日(火)の期間にAbstract (原稿要旨)を添えて
講演申込みを必ず行ってください。
Abstract(原稿要旨)の提出後にお送りした
返信メールが確認結果を通知します。Abstract(原稿要旨)の手続き方法は,
会誌63巻1号または本学会ホームページをご覧ください。

(http://www.jpci.or.jp/index.htm 左側メニューの「プレストレストコンクリート
発展に関するシンポジウム」より進んでください。)

Full paper(原稿本文)となる講演原稿については,下記の期間に提出してください。

講演原稿提出期間:令和3年4月1日(木)〜5月10日(月)(17:00まで)

講演原稿の提出方法は,インターネットによる電子申込みといたします。

参加費(講演申込料)は,査読通過後(7月中旬)に「払込取扱票(講演者用)」を郵送
致しますので,所定の内容を記載の上,お払い込みください。

5. 原稿区分 講演論文は,下表に示すように“論文”,“報告”の原稿区分に分けて
募集いたします。原稿および講演は、英語でも可能です。
開催方法がオンライン大会になった場合、原稿が採択された際は、発表動画の
提出が必須となります。
  論 文 報 告
内容        学術的なもの

 新しい理論の提案,既存の理論を
 組み合せた新たな提案,実験または
 既存の理論に基づく新たな発見 など
 論文審査基準に基づき査読を行う。
      技術的なもの

 設計報告,施工報告,実験報告 など
 内容に関する査読を行う。

 
頁数 4または6 4
原稿
サイズ
3.0MB 以下 2.0MB 以下

6. 参加費 下表のとおり(シンポジウム論文集(DVD 版)代を含む) なお、開催方法
などが変更になった場合は、参加費も変更になる場合があります。
講 演 者 参 加 者
申込
期間
【講演申込料払込期間】
査読結果受領後〜
7月30日(金)
事前申込期間 事前申込期間終了後
8月2日(月)〜9月24日(金) シンポジウム当日受付
資 格 会 員 非会員注) 会 員 非会員 会 員 非会員


一般 16,000円/人 21,000円/人 16,000円/人 21,000円/人 18,000円/人 23,000円/人
学生 4,000円/人 9,000円/人  4,000円/人  9,000円/人 5,000円/人 10,000円/人
注 1)非会員の方が講演される場合は,1名以上の個人正会員または学生会員を連名者とする必要が
    あります。
注 2)講演申込料の払込み方法は【講演者用申込要領】の“(4)講演者の参加費払込方法”の項を,
   講演者以外の方の参加費払込み方法は次号の会誌(63巻3号)をご確認いただきますよう
   お願い致します。なお,最新の情報につきましては,プレストレストコンクリート工学会
   ホームページ http://www.jpci.or.jp/をご覧ください。

※今回から、別途懇親会費を下記のとおり申し受けることになりました。
事前申込期間(会員/非会員) シンポジウム当日(会員/非会員)
3,000円/人 4,000円/人
 懇親会参加ご希望の方は、シンポジウム参加費とあわせて合計金額を
 お支払いくださいますようお願いします。

7. 優秀講演賞
 本シンポジウムで優秀な発表を行った会員の若手研究者,技術者を表彰いたします。受賞
対象者は,投稿時に50歳未満の方で,論文・報告等の内容に加え,講演や質疑が簡潔明瞭
で優れた方とし,原則として各セッションから1名選出します。選出にあたっては,各座長・
副座長の採点をもとに受賞者の適格性を確認し,最終的にシンポジウム実行委員長が決定
します。なお,代理講演の場合および講演者が非会員の場合,過去の講演で優秀講演賞を
2回受賞された方は授賞の対象外と します。

8. 講演証書
本シンポジウムで発表を行った講演者(代理発表者を除く)を対象に講演証書を授与いたします。


 【技術展示の募集】
 
  本シンポジウムでは,参加者への技術情報の提供やPR,参加者との意見交換を目的に,
大学・企業・グループなどによる技術展示の場を設けることを企画しております。出展概要は,
以下のとおりです。
是非,展示ブースをご利用ください。
 第29回のシンポジウムは、たくさんの団体・企業様から展示のお申し込みをいただきましたが、
新型コロナウイルス感染拡大防止のため現地参集型でなく、オンライン大会(オンデマンド形式)
で開催し、技術展示は、中止いたしました。第30回シンポジウムも状況により技術展示
実施の有無を含め,開催方法等を変更する場合がございます。随時ホームページ等
で公表いたしますのでご留意ください。
(1)展 示 日 :令和3年10月21日(木)・22日(金)
(2)展示場所:函館アリーナ
(3)展示ブース概要(予定) 平面寸法2700mm×1800mm,3面にポスターなどを
貼り付け可能  (社名プレートあり)
(4)展示ブース使用料:200,000 円+税 (予定)
(5)申込方法:以下の内容をA4判用紙にまとめ(書式自由),下記の申込先に郵送
          あるいは,メールにてお申し込みください。
   @参加団体名(企業・大学・グループ・個人名),連絡先(担当者名、住所、
    電話番号、メールアドレス)
   A展示内容(研究,製品,技術内容など)とその形態(パネル,製品の持ち込みなど)
(6)申込締切日: 令和3年4月末 
※本シンポジウムの詳細につきましては,随時ホームページ(http://jpci.or.jp)にて掲載いたします。

 申込先:
 〒162-0821 東京都新宿区津久戸町4番6号
   公益社団法人
   プレストレストコンクリート工学会
             シンポジウム係
  TEL:03-3260-2521,FAX:03-3235-3370
  E-mail: symposium-inq24*jpci.or.jp
  (メールを送る場合は、*を@に変えて送信してください。)